img_02

LED照明の特徴について

LED照明は、発光ダイオードを使用した照明器具のことです。
今から20年ほど前に青色発光ダイオードが開発されたことによって、発光ダイオードを白色光照明器具として利用できる可能性が一気に高くなりました。

当初は光のチラツキや騒音、高価格などのデメリットが存在したために、なかなか普及が進みませんでしたが、研究や開発の積み重ねによって、それらの問題点の改善がかなり進んできています。

特に、東日本大震災後に起きた電力不足をきっかけに、高い省エネ効果が期待できるLED照明に注目が集まり、その導入が一気に加速されました。

現在では、各照明メーカーとも、生産の重点を蛍光灯からLEDに移行させつつありますので、今後さらに製品の改良が進むことが期待できます。
このLED照明には、以下に述べるような特徴があります。
まず、構造が非常に単純であるために、安価で大量生産することが可能です。


現在は流通量がまだ少ないので高値となっていますが、今後普及が進んでいけば、安価で購入することができるようになる可能性が高いです。


また、フィラメントを使わないので軽量で、衝撃に強くなかなか壊れにくいというメリットがあります。

故障が発生する頻度がグッと低下しますので、一般的には長寿命になると言うことができますが、熱に弱く80℃以上になると素子の劣化が始まるという特性を持っているために、使用環境によっては逆に寿命が縮まってしまいます。


一方、不要な紫外線や赤外線などを含まない光が作られるので、紫外線や熱照射を嫌うものの照明には最適だと言われています。
節電キャンペーンもあり、電球からledへの交換が、自治体、企業単位で加速的に進んでいます。
消費電力量が圧倒的に少なく、かつ、明るさが保てるという点で、大きな魅力のledですが、各社高価な物から、安価な物まで多種多様なものもあります。
しっかり確認をしないと、交換後に以前の明るさと相違してしまうこともあるので、注意が必要です。

その理由は、電球とledの比較の単位や、性質に違いがあるからです。

既存の電球は、明るさを消費電力のワットで表示していました。

これは消費電力と明るさが、ほぼ同じことに起因しています。各社のもので、○○ワット相当…という表示がされていますが、現在販売されている物のほとんどは、既存の電球より明るさが足りなく表示されています。


正規の電器メーカー外のものでは、極端に暗いものもありました。

だいたいワット数×15のルーメンのledを購入すると、間違いないと思います。

また、電球は拡散的に光が広がるのに対し、ledは直線的に広がります。

電球では1ヶ所で足りていたものが、逆に2か所、3か所と設置しないと暗く感じることもあります。
家庭内で設置する場合も、一度実際に、電器店に依頼し試すと良いでしょう。


また、下方向には光が広がらない形状にできているものがほとんどであり、密閉器具には不向きなものもありますので、ダウンライトでの使用時は注意が必要です。


消費電力が大きい白熱電球の製造が今年度中に終了します。

国からの通達なので、各社これを遵守するものと思われます。しかし、電球蛍光灯は、今後も製造されるので費用対効果を考えた時に、いきなりすべてをledに変更することは難しいと思います。


初期投資が大きいledに交換するのは気が引けますが、将来的には確実に、すべての電球がledで製造されることになりそうです。

値崩れの幅が思いのほか小さいので、今から少しずつでも交換していくのが得策だと考えます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154080031
http://next.rikunabi.com/journal/entry/20160715
http://smany.jp/6471

滋賀のガスコンロを調べるならこのサイトです。

今探すならこちらの日立の電動工具情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

非破壊検査関する情報探しのお役に立つサイトです。

滋賀のガスコンロの口コミや評判を紹介しています。

京都のガスコンロ情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。